Butt のすべての投稿

クレジットカードよりデビッドカードが節約ツール最強だといわれる理由

クレジットカードで支払いをする理由はなんといってもマイルやポイントが魅力ですよね。
現金払いでもポイントは貯められますが、m一般的にはクレジットカードでの支払いが還元率が高いものです。
ですからクレジットカードも使いようによっては節約ツールになるといえなくもありません。

■ポイントに目がくらみ残念な結果になりかねないクレジットカード決済
クレジットカードのポイントに目がくらみ、lついつい利用してしまうのが
・¥リボ払い
・分割払い
です。
当然ながら手数料が含まれてくるので、それは確実に還元ポイント以上になります。
そうならないためにもクレジットカードの買い物は、一括払いやボー^ナス一括といった返済方式を選ぶべきです。

ただしクレジットカードならでは便利な側面も否めません。
たとえば紛失したりして不正利用されたりしても、一定の届け出や手続きをすれば補償もされます。
現金であればまずそんなことはできませんのであきらめるしかありませんがクレジットカードでは保険がききます。
なによりポイントやマイルが貯まることやと行く別のキャンペーン割引などもありこのようなメリットはクレジットカードを利用するなら最大限活用しましょう。

ただ、一番の問題は
kぅレジっとカードは現金の感覚が無くなり使いすぎてしまう
という点です。
この点からデビッドカードが最近注目を集めたいます。
ゴミ屋敷 片付け 東京

デビッドカードとは買い物をしたその場で自分の銀行口座から引き落としされる「即時決済カード」です。
使用するたびにその都度お金が引き落とされ、しかも利用できる額を自分の銀行口座の範囲内に限られるという特徴から。後払いのクレジットカードに比べて使いすぎることが無くなり家計管理はしやすくなります。
そのうえデビッドカードではリボ払いや分割払い鵜もできないので手数料や金利も関係ありません。

■デビッドカードの種類
デビッドカードには2種類あります。
銀行のキャッシュカードに支払い機能を付けたJ-debit
クレジットカード会社が発行する国際ブランド付きデビッドカード
があえいあmす。利便性においてはどちらを使っても日本国内においてはさほどの違いはありません。
ただ
ポイントが付く
海外でも使える
とピう点では国際ブランド付きデビッドカードのほうが魅力的です。

お金を貯めることに固執せずお金を積極的に使うことも大事

お金を貯める
そう考える人はまず無駄使いをやめてコツコツ貯めることをだと考えると思います。

でも私はお金は使うためにこの世にある物だと考えています。
お金は貯めるためにこの世の中にある物ではないと考えています。

お金は使ってこそ生きる物
お金は使われて初めてそのチカラを発揮する物
だから金庫や銀行に預けておくものではなく社会を自由に動き回っていくからこそよりいっそうエネルギーも満ち活性化していくものです。
景気の動向を測る時個人消費の動向やデータが検討されますがそれが如実に物語っています。

政府は景気の舵取りとして
「金融緩和」
「金融引き締め」
を行います。
要は気にも財布のヒモをゆるめたり、あるいはきつく締めたりして実際に使われるお金の量をコントロールして経済活動を調整しています。

故人に置き換えてみても同じです。
ただ闇雲に入ってきたお金を浪費することをすすめているのではありません。
お金を貯めることになにか目的や目標をもってすることをおすすめしているのです。

学生時代に私は音楽に命を懸けていました。
その時に当時高価だった海外製のギターが欲しくてアルバイトのお金はすべて貯めていました。
貯めても貯めてもなかなか目標金額ははるか遠く苦しい日々でした。
そしてやっとのことで買えた海外製のギター
ギブソンのレスポールスタンダード
今度はいざ買うとなると色に悩みました。
ジミーペイジのようにレッドサンバースト?
ジェフベックのようにブラック
いやぁ丸三日悩みました。
そしてついにそのギターを手に押した瞬間
もう私は世界的ギタリストを肩を並べた錯覚までしていました。

自分へのご褒があるからこそモチベーションが続くものです。
まわりのみんあは女のことをいろんなところへデートしたりと楽しい大学生活です。
しかし、私は常にバイト漬けの毎日
でも、それはなんの苦にもなりませんでした。
すべては欲しいギターを手に入れるため・・・
そんな目標があったからこそわき目もふらずに頑張れたと思います。
相続 空き家 火災保険

お金を貯めることは大切です。
でも「預金がないと不安だから」
とお金を貯めることだけが目標になってしまっては短い人生ですからすこし寂しい気持ちにもなります。

「50万円貯めて海外旅行に行こう」
「100万円貯めてエルメスのバーキンを買うの」
そんな目標を設定してお金を貯めることもおすすめです。
不思議なもので、有り余ったお金やあぶく銭で買った物にはそれほどの愛着は湧きません。
苦労して、苦労して溜めたお金で買った物にはそれこそすごい愛着が産まれます。
同じ50万円のものでもぞんざいに扱うか?それこそ家宝のように丁寧に取り扱うか?
そこにはただ物を得ることよりもその前からの過程がストーリーに組み込まれていきます。

それだけお金の価値が身にしみてわかる事こそ、お金についてまたひとつ学ぶことができると思います。