Podgornov のすべての投稿

育毛剤と発毛剤の違いとどんな人に適している

健康的に髪を伸ばしたい人や薄毛や抜け毛に困っている人も

使用を考えたことがある育毛剤や発毛剤ですが

いったいどのように効果があるのか。

どんな人に向いているのでしょうか?

 

そもそも髪の毛には成長するサイクル《毛周期》があります

毛周期は成長期→退行期→休止期→(成長期にもどる)のサイクルを繰り返し

髪が成長し抜けていきます。

成長期は通常2〜6年の期間で毛根から細胞分裂を繰り返し髪が形成され、頭皮にでて伸びていく期間です

退行期は2〜3週間で髪の成長がとまり毛根から髪の毛が離れていく期間です。

休止期は3〜4ヶ月で毛が完全に抜け落ち、次の毛を生やす準備の期間です。

 

薄毛の人や抜け毛の人は成長期で成長する期間が短く、すぐに退行期に入ってしまいますそのため 細い髪や抜けやすい髪、軟毛が多くなり、薄毛になっていきます。

 

育毛剤とは

主に医薬部外品登録されています。価格も比較的にリーズナブルです。

髪の毛の成長期の期間の伸ばし 髪を健康な状態にして

脱毛を防ぐものになります。

抜け毛予防や薄毛の予防として使用します。

 

発毛剤とは

医薬品の登録がされているため、治療目的として使用されます。

薬なので価格は高価なものか多いです。

壮年性脱毛症による抜け毛や薄毛を治療して改善されるためのものなので

副作用もでる可能性があるものです。

すでに脱毛している人や薄毛を改善したいひとや髪を生やしたい人が使用します。

 

育毛剤はこれからの予防になるものなので健常な人を対象にしていますが

発毛剤は治療としての薬になるため、壮年性脱毛症の方を対象としています。

 

育毛剤は抜け毛の予防になる他に

頭皮の血行促進や髪のハリやコシがでたり、フケやかゆみの予防にもなるため

頭皮トラブルの改善も見込めます。

発毛剤は毛根細胞に直接働きかけて細胞分裂を促しヘアサイクルを通常に戻して、しっかりとした毛に成長させる働きがあります。

 

使用を考え、どちらを使えばいいのか迷っていたら

抜け毛の予防なのか→育毛剤

薄毛の治療なのか→発毛剤

 

目的を明確にすると効果の近道になるのではないしょうか。

 

発毛剤の使用にあたり副作用がでるリスクがありますので

注意しましょう。

医薬品登録なので医師や薬剤師からの使用上の注意などが伝えられますが、

ひどい症状だと動悸や息切れ、めまいなどがでたりすることもあり

また使用してすぐにヘアサイクルを整えるため初期脱毛がおこります。

初期脱毛後にしっかりとしたサイクルで生やすために必要な脱毛になるのですが

使用後におきる軽い副作用と自覚しておきましょう。

また育毛剤も発毛剤も

頭皮に直接つけるのでかぶれやかゆみがおこる場合もございますので

そのときは使用をやめ、医師の診断を受けましょう。

育毛剤は医薬部外品なので医師や薬剤師を通さずに購入できますが

副作用も0という訳ではないので、説明を詳しく読み、正しく使用してください。

 

また毛周期のサイクルは長いので1、2週間という短い期間では効果が得られません。

用量用法を守って 継続した使用をオススメします。

毎日のケアを育毛剤や発毛剤か欠かさずにすることで

健康的で若々しい髪になりましょう。

 

平石クリニック NIPT 口コミ 評判 効果