知らず知らずのうちに、クレジットカードの枚数が増えて財布の中がパンパンになることがあります。会員カードなど入会するとクレジット契約が必要なものが多数あります。そして、そのクレジットカードにはキャッシング枠が最低でも10万円程あり、カードローンの契約上、不利な条件となってしまいます。
カードローン自体は、銀行や消費者金融から提供され、消費者金融のカードローンでは総量規制が適用され、最高利用限度額は年収の1/3までになってしまいます。しかし、実際の利用限度額はそれよりも遥かに少なく設定されているのに気付きます。総量規制対象外のカードローンでも、基本的に契約者の収入に合わせた利用限度額を定めるのが一般的です。
一見すると銀行カードローンの場合、総量規制対象外と謳っていながら実質的には総量規制を受けているのと同じ状態に違和感を感じる筈です。しかし、総量規制に準拠してはダメというルールはありません。そのため、契約者の返済能力に見合った利用限度額を定めますが、いつでも利用が出来る状態にあるクレジットカードは借金を増やす原因となります。
そもそも、複数枚のクレジットカードを持っていることは、いつでも借り入れが出来る状態と同一であり、利用している・していないに関わらず、利用限度枠が重要視されます。そこで、利用していないクレジットカードやクレジット機能のある会員カードは、カードローンを契約する前に全て解約することが重要です。ポイント付与がされる会員カードはお得なように見えて、カードローンを契約する際の障害となってしまいます。