カードローンの審査にはそれぞれ決められた項目があり、それらの条件を満たしているかどうかで融資を受けることができるか決まります。
基準として見られるのは勤務先、勤続年数、年収、居住形態、他者からの借り入れなどです。

そしてカードローンには種類があり、大きく2つに分けることができます。
1つは銀行系のカードローンで、もう1つは消費者金融のカードローンです。
この2つはそれぞれ特徴がありメリット、デメリットも変わってきます。

銀行系カードローンは大手の企業だけあり審査はある程度厳し目です。
融資してもらうまでの時間も何日かかかる場合もあり即日融資できるところは限られてきます。
その代わり借り入れの限度額が高いのと金利も消費者金融に比べると低めです。
大手企業という安心感もあるので利用もしやすいと思います。

消費者金融のカードローンは審査に関しては結構甘めのところが多いです。
他者からの借り入れが複数あっても審査に通る場合もあります。
そして即日融資も可能なところが多いので急にお金が必要になった場合などは非常に助かるシステムです。ただ借り入れする際のハードルが低い分金利は高めで金額の上限も低めになっています。

それぞれかなり特徴が違うのでカードローンを利用する際は計画的に利用するのをオススメします。