Author: saitama

カードローンの種類とそれぞれの特徴について

カードローンの審査にはそれぞれ決められた項目があり、それらの条件を満たしているかどうかで融資を受けることができるか決まります。
基準として見られるのは勤務先、勤続年数、年収、居住形態、他者からの借り入れなどです。

そしてカードローンには種類があり、大きく2つに分けることができます。
1つは銀行系のカードローンで、もう1つは消費者金融のカードローンです。
この2つはそれぞれ特徴がありメリット、デメリットも変わってきます。

銀行系カードローンは大手の企業だけあり審査はある程度厳し目です。
融資してもらうまでの時間も何日かかかる場合もあり即日融資できるところは限られてきます。
その代わり借り入れの限度額が高いのと金利も消費者金融に比べると低めです。
大手企業という安心感もあるので利用もしやすいと思います。

消費者金融のカードローンは審査に関しては結構甘めのところが多いです。
他者からの借り入れが複数あっても審査に通る場合もあります。
そして即日融資も可能なところが多いので急にお金が必要になった場合などは非常に助かるシステムです。ただ借り入れする際のハードルが低い分金利は高めで金額の上限も低めになっています。

それぞれかなり特徴が違うのでカードローンを利用する際は計画的に利用するのをオススメします。

カードローンを契約する際は、不要なクレジットカードは解約するのが重要!

知らず知らずのうちに、クレジットカードの枚数が増えて財布の中がパンパンになることがあります。会員カードなど入会するとクレジット契約が必要なものが多数あります。そして、そのクレジットカードにはキャッシング枠が最低でも10万円程あり、カードローンの契約上、不利な条件となってしまいます。
カードローン自体は、銀行や消費者金融から提供され、消費者金融のカードローンでは総量規制が適用され、最高利用限度額は年収の1/3までになってしまいます。しかし、実際の利用限度額はそれよりも遥かに少なく設定されているのに気付きます。総量規制対象外のカードローンでも、基本的に契約者の収入に合わせた利用限度額を定めるのが一般的です。
一見すると銀行カードローンの場合、総量規制対象外と謳っていながら実質的には総量規制を受けているのと同じ状態に違和感を感じる筈です。しかし、総量規制に準拠してはダメというルールはありません。そのため、契約者の返済能力に見合った利用限度額を定めますが、いつでも利用が出来る状態にあるクレジットカードは借金を増やす原因となります。
そもそも、複数枚のクレジットカードを持っていることは、いつでも借り入れが出来る状態と同一であり、利用している・していないに関わらず、利用限度枠が重要視されます。そこで、利用していないクレジットカードやクレジット機能のある会員カードは、カードローンを契約する前に全て解約することが重要です。ポイント付与がされる会員カードはお得なように見えて、カードローンを契約する際の障害となってしまいます。

カードローンの審査に関する知識

カードローンの審査に関する知識としていくつか挙げたいと思います。審査には仮審査と本審査があり、仮審査は最初に登録した情報について簡単な審査をします。
収入や個人情報を最初に登録した情報を基に借り入れが出来るかどうかの簡単な審査です。
これが通れば次は本審査です。この本審査が大切です。収入面ではもちろん、信用性も見られます。信用情報機関への照合となります。
この信用情報機関というのは過去や現在もカードローンの利用状況や返済状況を詳細に登録されている機関です。カードローン関係の会社は登録することでその人一人一人の情報を正確に知る事が出来ます。
その信用情報機関への照合でまずその人の信用度を図ります。この人は借り入れが出来るか、信用出来るのか見られます。この信用情報機関を経てクリアされれば本審査はすすみます。
あとは在籍確認があります。実際に勤めている会社への在籍があるか、電話がかかってきて確認作業が行われます。「会社にカードローンの電話がかかってくるの?」と不安になると思いますが、堂々と「○○カードローンです」と名乗りません。プライバシーに配慮して、個人名で連絡が来ますので安心してください。在籍確認まで終わればほとんど審査は終わりですのであとは審査完了の連絡を待つだけです。