辛い節約生活で勘違いは「節約した気になること」

お金が貯まる人は=お金の管理がきちんとできている人
「あとどいれくらいあれば次の旧りょいうびまで持つか?」
が把握できているので手元のお金が減っても焦ることはありません。
ところがそうではない人は
通帳の残高がわずかになってきたり
財布の中身が少なくなってくると
「まずい、このままでは」次の給料日まで持たないかも?」
と焦ります。
そんな不安から過剰にお金の節約モードに走り、その生活がとても辛いものになります。

友だちの飲み会は一切断る
地味に自炊して
お昼は前日の夕飯の残り物を弁当箱に詰め込んで
大好きなスイーツも
趣味の漫画も断ち

しかし、そんな節約生活でお金はたまらずストレスだけが溜まっていきます。

こんな節約生活の勘違いはそもそも節約のポイントがズレています。
ダイエットのモチベーションを上げるために数万円もの健康ダイエット器具は買うのに、卵は底値の80円でしか買わない
しかもその数十円のために遠い道を歩いたり、ガソリンを使ってまでマイカーでスーパーに行っている。

何といもナンセンスは行動です。
給料日明けは友人と終電がなくなるまでお酒を飲んで帰りはタクシー
帰りのタクシーで5000円は平気なのにガソリンの1リットルの値段の1円単位が気になる。
たかが数十円せいぜい百円程度の違いしかない小さな節約で
さも「俺ってきちんと節約してる」という勘違いになっているのです。

そして、そんな辛い節約生活がいつか大爆発します。
背wつ役はダイエットに似ていmさう。
ずっち我慢の節約をしているといつか爆発してしまうのです。
ダイエットの終わりにドカ食いややけ食いする人が多いのはそのストレスのせいかもしれません。

代ッとで失敗してリバウンドで以前よりも太ってしまった?
それと同じように
辛い節約生活をしていた反動でさらにお金のピンチになってしまうこともあるのです。

ふとしたきっかけで
「こんなけち臭い節約生活なんてや~めた!」
そんな時に一気に無駄な買い物をしてしまうのです。
後になって冷静になってみればどうしてそんな無駄な買い物をしたのか自分でも理解できないものですが。その時には節約生活のストレスからか正常な判断ができないのです。
モンクレール クリーニング 失敗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です