家計簿をつけてお金を貯めるには

皆さんは、家計簿をつけたことはありますか?

私は、数年前から家計簿をつけるようになりました。

 

家計簿をつけるようになって、お金が上手に貯められるようになったと思っています。

そこで、家計簿をつけて良かったと思うことを書いてみます。

 

家計簿をつけて良かったなと思ったのは、毎月固定費で発生しているものと、臨時で発生している費用がわかるようになったことです。

家計簿をつける前は、今まで自分が使っている金額をあまり意識していませんでした。

 

もちろんある程度は把握していたのですが、実際にエクセルで管理したことによって数字としてしっかりと理解できました。

すると、自分がどれだけ固定費として毎月支払っているのか、そして固定費以外で支出していい金額というのがわかってきます。

 

どれだけの金額を使っていいのかがわかって、いくら貯金に回せるのかが理解できるようになりました。

自分が貯金できる金額がわかってくるので、現実的な目標を立てることができます。

 

また、家計簿をつけることによって、買い物の回数が減りました。

買い物をするときに、買っていいものと買っちゃいけないものがわかってきました。

 

そういった感覚を掴めるのも、家計簿の良い点です。

 

家計簿はエクセルなどを使うのがおすすめです。

手書きでも構わないですが、時間は効率的に使いたいところでしょう。

 

エクセルで簡単な計算式を入力しておくと、管理も楽になります。

書式などは、インターネット上で無料でダウンロードできます。

自分のスタイルに合わせて、エクセルの家計簿をダウンロードしてみるのをおすすめします。

 

パソコンの操作が苦手な方でも、エクセルの家計簿ぐらいならすぐに入力方法は覚えられますよ。

家計簿は長く続けてこそ意味があります。

 

長続きさせるためには、パソコンを使って楽に入力するのが重要になってきます。

モチベーションを維持しながら、家計簿を活用してお金を上手に貯めるように目標を立ててみてくださいね。

森のコーヒー 口コミ

お金を貯めるために通信費は抑える

お金を貯めるためには、毎月の生活費を抑えることが大切です。

生活費の中でも、特に意識したいのは通信費です。

 

最近は、携帯電話やインターネット回線などの通信費を大事にする人も増えています。

中には、あまり意識せずに高い料金を支払っているという人もいます。

他の生活費に比べて、通信費は努力で節約しやすい部分です。

 

例えば、食費は生きていく上で最低限必要なもので、なかなか節約が難しい部分です。

光熱費などもすでに必要最低限な量しか使っていない人も多く、節約してもたかが知れています。

 

生活費の中でも、通信費を意識して節約するのが上手にお金を貯めるコツです。

 

例えば、携帯電話なら格安スマホがおすすめです。

数年前は格安スマホは通信が繋がりにくいなどの障害があり、安定して携帯電話を使いたい人は三大キャリアを選んでいました。

三大キャリアは料金こそ高いものの、それ相応のメリットがありました。

 

ところが、最近は格安スマホの通信速度も安定していて、三大キャリアと比べても大差ありません。

格安スマホを使っていたときのデメリットが、ほぼなくなっているのが現状です。

 

三大キャリアから格安スマホに変えることで、毎月の通信費が4000円~5000円は抑えることができます。

これは年間にすると、とても大きな金額となってきます。

 

こういった費用を見直すことは、お金を貯めるために大切です。

 

また、家にインターネット回線を引いていないで、YouTubeなど動画をスマホで見ているという人も増えています。

YouTubeは今や誰もが見るような動画サイトであり、娯楽となっています。

 

wifi環境のない場所で動画を見ると、通信量が増えてしまうので安いプランだど困ってしまうことがあるでしょう。

 

それなら、思い切ってインターネット回線をひいて、携帯電話の料金プラスンを安くした方がお得です。

家にいるときはwifiを繋いで使えば、通信量は安いプランでも大丈夫です。

 

毎月の通信費を抑えて、毎月の貯金に回してくださいね。

ポピー 口コミ

お金を貯めるには無駄な出費を防ぐべし

皆さん、やっぱりお金は貯めておきたいですよね?

老後のことを考えると働けるうちに働いて、少しでも貯金を増やしておきたいところです。

 

お金を貯めるには、当然ですが出費を防ぐことが大事になります。

収入を増やすことは難しいですが、出費を抑えるなら誰でもできます。

出費を抑えることで、毎月の貯金額を増やすのがお金を効率的に貯めるコツなんです。

 

節約をしているつもりでも、意識していないうちに無駄な出費をしていることがあります。

例えば、自動販売機でジュースを買います。

 

あまり気にせずジュースを買っちゃっていませんか?

 

わざわざ自動販売機でジュースを買わなくても、スーパーで買った方が安いのは誰でも知っています。

それでも、自分の欲求に負けてしまい、自動販売機で買ってしまう人が多いんです。

 

別にジュースじゃなくてもいいですよね?

家まで我慢して、水を飲む方が家計にはやさしいでしょう。

 

出費を防ぐなら、今まで自分が意識していなかったことをもう一度意識してかなければいけません。

 

まずは、自分が毎日買っているものを、ノートに書き留めてみてください。

ノートに書いてリスト化することによって、自分が買っている無駄なものが見えてきます。

 

無意識だったものを意識化することで、少しずつお金を節約するコツがつかめます。

 

また、出費を防ぎたいなら、財布を二つ持つなんてこともおすすめです。

一つの財布は生活費用で、二つ目の財布を緊急時用にします。

 

生活費用の財布から生活費をまかなって、緊急時用の財布は極力使わないことを目標とします。

 

やはり財布にたくさんのお金が入っていると、油断して無駄遣いをしてしまいがちです。

財布には生活費ぎりぎりのお金を入れておくことがおすすめです。

 

ただし、生活費ぎりぎりだと緊急時に不安なので、緊急時用の財布は用意しておきます。

財布を分けることで、生活費以外の出費を抑えるのが目標です。

 

出費を抑えるコツを掴んで、毎日着実にお金を貯めていってくださいね。

 

クアトロえびチーズ 口コミ

意外と無駄使いの自覚がない収入=支出の綱渡り生活の人

お金が貯まるのはもちろん「支出」<「収入」の人たちです。
逆に「支出」>「収入」も人たちは借金地獄になります。
でも、そんな人はすぐに自分の生活を見直す機会があります。

意外と深刻なのが「支出」=「収入」の綱渡り状態に人たちです。
給料日前は金欠でピーピーといいながらもなんとか給料日までを耐えしのぎ、給料日で安堵の胸をなでおろす・
で、また給料日明けになればするっと財布のひもが緩んでしまう・・・
その繰り返しの人たちです。
こんな対ぴの人たちは自分の無駄使いになかなか気づかないのです。

謝金がないのは立派なのですが、もし何か不測の事態が起こると一気に奈落の底へと落される可能性が大きいのです。
例えば
会社の倒産やリストラ
病気やけがや事故
人生において何んの災難がいつ来るか?
それは誰にもわかりません。
そんな災難ではないレベルのものでも、友人の婚式が重なったり家賃の更新料や帰省費用などまとまったお金が必要になることってよくあるんです。

この「主うにゅ」=「支出」のタイプの人たちって
「自分がいくら使っているか?」
「自分が何に使ったか?」
それをしっかりと人し浮きしていない方がほとんどです。
通帳の残高や財布の中身を見るたびに「あれ?もうお金がない?」という状態なんです。
これといった無駄使いをした自覚なんてないのにお金だけが減っている?
支出のほとんどが使途不明金・・・
それではいつまで経っても貯金なんてできるはずがありません。
しかもこれって収入が比較的少ない方に多いのです。
「収入が少ないから仕方ないじゃないか!」
と思われる人も多いのですが果たしjてそうでしょうか・
年収1000万円のひとはたいてい貯金も1000万円くらいはあります。
そういうと
「年収1000万円あるから1000万円の貯金が出来て当たり前じゃないか!」
という反論がくるといのは予測済みです。
でも、あなたが年収1000万円になっても今のあなたのように毎月の収入全部その月で使い切ってしまうような生活では、いくらあなたの年収が上がっても同じなのです。
だからこそ、まだ年収の低いうちから「支出」<「収入」の生活を身につけておかないといけないのです。
実家 片付け コツ