お金を貯めるなら食費もできるだけ抑える

いヵ月の中の支出で大きな比重を占めるのは食費なのは間違いないでしょう。
しかし、いくらお金を貯めるためとはいえ食事の質は落としたくない小野です。
そこで心がけて欲しいのは
・買いすぎない
・作りすぎない
・できればば直売店で安く買う
ことである。

①スーパーで買いすぎないコツ
スーパーに買い物に行くとついつい無駄な物まで買ってしまいがちです。
そこで、おすすめは「買い物リストを紙に書いてもっていく」ことです。
買い物リスト作る際にはできれば2~3日分のメニューを考えるのがベターでもありあmす。
共働き夫婦でなかなか毎日スーパーに買い物に行けない方々はまとめ買いをしてしまいがちですが。このまとめ買いはかなり上手にしないと余計な物を買って食品ロスになりがちです。
まとめ買いをするならせいぜい3日分程度にしておくことをおすすめします。

またスーパーに行く前には必ず冷蔵庫の中身をチェックしてから行くこともお勧めです。
これさえやっておけばうっかり同じものを買って食うrことも少なくなります。

さらに空腹時にはスーパーには行かないこともお勧めです、
空腹でスーパーに行くとどうしても所局が買いすぎを誘うのである。
あえて、なにかおやつを少し食べてからにしてからスーパーに行きましょう。

さらにさらに、スーパーのレジに並ぶ前に今一度買い物を確認することである。
「本当に必要なものだけ買っているか?」
今一度、自分に問いかけてみて欲しい。
なぜならよくあるのが
「ただいまタイムセール中」
「お勤め品処分 20%オフ」
そんな商品がかごの中には入っていないだろうか?
もともと買い物リストに入っていた食材ならOKだが、それ以外は無駄な買い物である。
いくら安くても無駄なのです。
特売日などに合わせてスーパーに行くとごった返している店内の群集心理に思わず買いすぎてしまうものである。
それもスーパー側の戦略なのです。
うっかり買い物リスト以外のもを買わないようにするのは簡単なことではありません。
オリーブスマートイヤー お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です