お墓のお引越し

墓じまいとは、改葬と同義で現在霊園・墓地にある先祖代々受け継いできたお墓を処分することです。中に入っているご遺骨を他のお墓に移動させて、お墓を片付けて更地に戻すところまでを行うことです。たとえとしてはお墓のお引越しというのが、良い得て妙で良く表現されているように思います。墓じまいをする人の事情としては後を継ぐ者がいないことが一番の原因としてあるようです。お墓は掃除などとか管理をする人がいなくなってしまい放置されてしまうと、無縁墓とされます。無縁墓とされたお墓は、約1年位は霊園や寺院の管理者によって保持されます。その間に縁故者が見つからないと最終的には撤去されることになります。撤去されたお墓の中のお骨は合祀墓で供養されることになります。一度合祀されたお墓は、後からの取り出しは不可能になります。そのため事前に継承者が居なくなることがわかるなら、その旨を霊園管理者に伝えて墓じまいをして永代供養をお願いする方がよいです。墓じまいにかかる費用は、お墓の撤去工事費10万~20万、開眼法要のお布施1万~2万、離檀料3万~15万、移転先の墓地へのお布施10万~20万、ご遺骨の取り出し費用3万~5万、墓じまいの手続き代行サービス10万~30万などの項目がありがあり、40万~100万くらいかかることになります。墓じまいもお墓を立てるのと同じくらいお金がかかります。また、墓じまいは親族との合意が難しい場合が多いです。故人が予めこのようにしてほしいと、生前に意志を明確にいしているならスムーズにいくことがあるのですが、それがない場合には親族で意見がまとまらず何時までたっても結果がでないということになるようです。なので、早い段階から話し合いを持ち綿密に準備をする必要があります。また、これまでのお世話になっているお寺などの管理者の方にも早めに相談し自分の意思を伝えておくことが肝要です。最近では法外な離檀料を請求されるようなことはないようですが、過去に数千万円単位の離檀料を請求された例があるようです。墓じまいはお金もかかりますが周囲の方との話し合いも重要になってきます。十分に準備してとりかかる必要があります。【墓じまい】お墓を整理して埋葬しなおす手続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です