飼い猫が病気に

自分が飼っている猫が病気になったら、心配ですし悲しいですよね。しかし、猫は喋ることができません、いつもとしぐさが違うことで病気だと気づくことができれば良いのですが見逃してしまうこともあり得ます。そのため、定期健診などにいって猫の状態を確認することが当たり前になってきました。最近では個人向けにペットの遺伝子検査なども行われています。病気は普段の生活習慣によってなることが指摘されていますが、それだけでは足りず、遺伝子情報を解析してなりやすい病気などを特定して普段の生活習慣からその病気になりやすい行動を除外するという試みがされています。一昔前なら遺伝子検査などというと科学技術の最先端でとても高価で、時間がかかり、不安定なしろものという印象でしたが、科学技術進歩に伴い安価で、短時間で正確なものとなり個人向けに行われるようになりました。Pontely(ポンテリー)の猫の遺伝子検査はとても簡単な手続きです。まず公式ページで申し込み手続きをします。申し込み日から2営業日ほどで検査キットを送ってくれるので待ちます。検査キットが到着したら飼い猫の口の粘膜を検査キットですくい検体が取れたら、返信用封筒に入れて返信します。返信された検体は動物専門の遺伝子解析機関の送られて検査されます。約2週間ほどで結果が出るので結果が出るとPontelyのWEBページの方に記載されWEB上で確認ができます。また、検査結果証も郵送で送ってくれます。料金プランは3つあり、1項目のみ検査する場合は5,000円2項目検査する場合には9,800円3項目検査する場合には14,000円となります。支払いは各種クレジットカードが使えます。ペットは家族です。しかし言葉によるコミュニケーションが取れるわけではないので、飼い主が気を配って、ペットが病気にならないようになりやすい病気を予め理解しておき、病気になりにくい生活習慣をおくれるように配慮するのが飼い主の責任と言えるでしょう。【ねこの遺伝子検査】ねこと人の健やかな生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です