昔に比べて

昔の比べて書店・本屋の数はずいぶん減ったことだと思います。それは、通信技術が進歩しインターネットなどが普及したことに起因するものだとは皆さんご想像つくと思います。かつて文字を取り扱った媒体は本・新聞などに限られました。今はモニターに文字を表示し読むことが普及しました。
しかし、だからと言って本の価値が激減した、というものでもないようです。例えば、パソコンなどを使いネットで、小説を書いていた方たちが、評価され本を執筆し出版するようになる。そのようなケースをよく目にするようになりました。むしろ、ものを書く職業というのは以前に比べ、より一般的になったと言えるのかもしれません。
本を出版する行為も随分と気軽の行えるようになったかと思われます。文字を記した本という存在はそれだけゆるぎないものと言えるのでしょう。
本を出す。本を出版するにあたってまずは原稿を執筆しなければなりません。多くの人はここで挫折をしそうですが、まず最初の一文字それから、一単語、タイトル、目次、とまず一つ一つ兎にも角にも書いていくことでなにがしかの形になるもので(時間がかかるのは当然として)原稿は完成します。実は、最近では、執筆の段階で出版社のほうに相談すると。執筆の手助けもしてくれるみたいですね。アイディアがあっても、ものを書くという経験がない方には非常に助かるサービスではないでしょうか。原稿が出来上がったら、出版社の方と打ち合わせをして両者が合意すれば契約締結入稿して出版産業の開始です。文字の配置、ページの調整などの編集・レイアウトなどの作業、誤字・脱字・誤記入などの校正作業を経て、大丈夫であれば、印刷業者さんに渡して印刷作業。印刷作業が滞りなく進んで出来上がれば製本ですね。出来上がった本を受け取って完了となるわけですね。出来上がった本を本屋に並べるかどうかの打ち合わせは出版社の方と事前に行うかあるは、自分で工面するのか、様々だとは思いますが。一応の一区切りです。自分の書いた本が出版され本屋に並ぶのは魅力的な光景です。それを誰かがてにとってくれると…自分の本が出版されるってワクワクしません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です