大人になればなるほど

いい大人のためのラブレターこれはシカケテガミさんが掲げるコンセプトですが、思えば年を取り大人になればなるほどラブレターなどを送る心情にはならなくなっていきますね。単純に成熟してしまった。そういうことなのかもしれません。子供の時はとにかく自分が物事の中心にあり、自分の気持ちを伝えることに焦点が集まってしまっていました。大人となり成熟すると別の複数からの視点でものを考えるようになるので、自分の気持ちが絶対的な視点とはならなくなってきます。そのため自分の気持ちを伝えることが全てのラブレターを書かなくなるのかもしれません。ラブレターは未熟さを象徴しているようでもありますね。しかし、未熟さ故に一途で純粋と言え、人の心を打つことができるのかもしれませんね。成熟して大人になった今、大切な人にもう一度気持ちを伝えてみませんか。ただ口頭で伝えるのではなく絵本という形で、シカケテガミはそのための絵本です。
シカケテガミは、パソコンやスマートフォンから作成できます。まず、シカケテガミ公式ページに入り二人の絵本のイラスト作家さんの一人を決めます。それから主人公たちに設定つまり、自分たちの設定を記入します。呼び名とか、子供の人数とか。次に絵本登場人物たちの顔作成します。幾つかのパーツを選ぶだけなのですが結構色々なパーツがあるので個性を出すことができます。絵本のストーリーのパーツもいくつも用意されています。その中から5つを選んで物語が構成されていきます。いくつものストーリーの後最後に自分の自由メッセージを表示できます。ここが恐らく一番迷うところでもあり大事なところでしょう。相手に伝わるメッセージ主人公とパートナーに伝わるメッセージを作りましょう。本の下の方に巻く帯にもメッセージを書くことができます。推薦人の名前を載せて推薦文ともできます。ここまで入力出来たら完成です。支払い手続きを済ませて待ちましょう。大体1っ週間ほどで到着です。恥ずかしがらずちゃんと相手に渡しましょう。【シカケテガミ】思いを、言葉に変えて形に変えて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です