検査して郵送

まず、インターネットなどで、手続きを行って、検査キットを自宅までを郵送してもらいます。その後検査キットの説明に基づいて、検査をします。検査した検体を病院まで返送します。その後結果が出たら、WEB上で確認でき、検査証は郵送で送ってくれます。これが郵送検査の大まかな流れと言えるでしょう。郵送検査は秘匿性が高く、時間や場所を気にすることがなく行うことができます。ですから、誰にも知られたくない、とか病院まで行く時間がない、といった要望に応えることができる検査方法と言えます。またその特徴から、「STD」性感染症(「Sexually Transmitted Diseases」の略STIとも)の検査手段としても広くとられているようです。性感染症は、感染症であり人に移す可能性があります。しかし、性はデリケートな内容となり、中々大っぴらに扱うにははばかられる問題です。ゆえに、自宅検査という方法が使われていくようになったのでしょう。性感染症には様々な症状があり。同じ感染症でも男性・女性では違う症状となったりすることがあります。梅毒は一度感染すると症状が出たり消えたりといった兆候を表します。なので、ひどい症状が一時的に消えたりすることで、治ったと判断してほおっておくことが見受けられるようです。しかし、表に現れていないだけで、病気は体の中で静かに進行していきます。ペニシリンが発見されるまで梅毒は不治の病とされてきました。近年では人の免疫機能を破壊して様々な感染症にかかりやすくなるエイズという状態を発症するHIV感染などが不治の病と言われていきました。最近では薬を常用することで発症を防ぎ寿命を全うすることができるようになってきました。このように性感染症は恐ろしいものですが、治療法は存在しており、早期に発見されることで、治療は進みます。まずは検査をしてみて、それから対処を考えるのも悪くはないかもしれません、検査をして結果が出ることで余裕が生まれます。問題なければ安心、仮に病気であっても具体的な治療に移れます。【郵送検査】誰にも知られず、自宅で検査

大人になればなるほど

いい大人のためのラブレターこれはシカケテガミさんが掲げるコンセプトですが、思えば年を取り大人になればなるほどラブレターなどを送る心情にはならなくなっていきますね。単純に成熟してしまった。そういうことなのかもしれません。子供の時はとにかく自分が物事の中心にあり、自分の気持ちを伝えることに焦点が集まってしまっていました。大人となり成熟すると別の複数からの視点でものを考えるようになるので、自分の気持ちが絶対的な視点とはならなくなってきます。そのため自分の気持ちを伝えることが全てのラブレターを書かなくなるのかもしれません。ラブレターは未熟さを象徴しているようでもありますね。しかし、未熟さ故に一途で純粋と言え、人の心を打つことができるのかもしれませんね。成熟して大人になった今、大切な人にもう一度気持ちを伝えてみませんか。ただ口頭で伝えるのではなく絵本という形で、シカケテガミはそのための絵本です。
シカケテガミは、パソコンやスマートフォンから作成できます。まず、シカケテガミ公式ページに入り二人の絵本のイラスト作家さんの一人を決めます。それから主人公たちに設定つまり、自分たちの設定を記入します。呼び名とか、子供の人数とか。次に絵本登場人物たちの顔作成します。幾つかのパーツを選ぶだけなのですが結構色々なパーツがあるので個性を出すことができます。絵本のストーリーのパーツもいくつも用意されています。その中から5つを選んで物語が構成されていきます。いくつものストーリーの後最後に自分の自由メッセージを表示できます。ここが恐らく一番迷うところでもあり大事なところでしょう。相手に伝わるメッセージ主人公とパートナーに伝わるメッセージを作りましょう。本の下の方に巻く帯にもメッセージを書くことができます。推薦人の名前を載せて推薦文ともできます。ここまで入力出来たら完成です。支払い手続きを済ませて待ちましょう。大体1っ週間ほどで到着です。恥ずかしがらずちゃんと相手に渡しましょう。【シカケテガミ】思いを、言葉に変えて形に変えて

昔に比べて

昔の比べて書店・本屋の数はずいぶん減ったことだと思います。それは、通信技術が進歩しインターネットなどが普及したことに起因するものだとは皆さんご想像つくと思います。かつて文字を取り扱った媒体は本・新聞などに限られました。今はモニターに文字を表示し読むことが普及しました。
しかし、だからと言って本の価値が激減した、というものでもないようです。例えば、パソコンなどを使いネットで、小説を書いていた方たちが、評価され本を執筆し出版するようになる。そのようなケースをよく目にするようになりました。むしろ、ものを書く職業というのは以前に比べ、より一般的になったと言えるのかもしれません。
本を出版する行為も随分と気軽の行えるようになったかと思われます。文字を記した本という存在はそれだけゆるぎないものと言えるのでしょう。
本を出す。本を出版するにあたってまずは原稿を執筆しなければなりません。多くの人はここで挫折をしそうですが、まず最初の一文字それから、一単語、タイトル、目次、とまず一つ一つ兎にも角にも書いていくことでなにがしかの形になるもので(時間がかかるのは当然として)原稿は完成します。実は、最近では、執筆の段階で出版社のほうに相談すると。執筆の手助けもしてくれるみたいですね。アイディアがあっても、ものを書くという経験がない方には非常に助かるサービスではないでしょうか。原稿が出来上がったら、出版社の方と打ち合わせをして両者が合意すれば契約締結入稿して出版産業の開始です。文字の配置、ページの調整などの編集・レイアウトなどの作業、誤字・脱字・誤記入などの校正作業を経て、大丈夫であれば、印刷業者さんに渡して印刷作業。印刷作業が滞りなく進んで出来上がれば製本ですね。出来上がった本を受け取って完了となるわけですね。出来上がった本を本屋に並べるかどうかの打ち合わせは出版社の方と事前に行うかあるは、自分で工面するのか、様々だとは思いますが。一応の一区切りです。自分の書いた本が出版され本屋に並ぶのは魅力的な光景です。それを誰かがてにとってくれると…自分の本が出版されるってワクワクしません

昆虫食ってどうやって進めよう

現在の日本において、昆虫食が普及していない一つの原因として挙げられるのはやはり、その見た目が挙げられると思います。グロテスクですし、家で死闘を繰り広げたりして不快な印象をお持ちの方はたくさんおられることでしょう。調理してその見た目がわからなくなれば、受け入れられる可能性はかなり高いものになるのではないでしょうか。
しかし昆虫はサイズが小さく、昆虫の柔らかい実の部分だけ…というのは相当手がかかりちょっと非合理的でしょう。相当昆虫が好きで好きで仕方がないとかならともかく一般の方にはやはりハードルが高そうですね。
ミキサーなどにかけて、ケーキなどを作る際に混ぜたりして…とかなら、かなり妥当な感じになるのではないでしょうか。おそらく、昆虫が混じっていることを事前に知っているのなら抵抗あるかもですが食した後ばらしたとしたら、認知的不協和が生じるため、案外すんなり受け入れられるものなのではないかと思います。しかし、ビタミンなどの栄養素は壊れやすく加工することで、ビタミン等の栄養素が壊れせっかくの長所が失われてしまうとしたら、もったいないように思います。
…などと述べましたが、受け入れられる人は食べるし受け入れられない人は食べられないのでしょうね。身もふたも無い話になってしまいますが…
昆虫食を進める時の言い方っていうのも結構気を遣う余地がありそうですよね。
「この昆虫栄養あるから、食べてみてよ」
「この昆虫美味しいから、食べてみてよ」
この二つの言い方だと、どちらが食指を動かされるでしょうかね。
恐らく…ですが、美味しいという方に食指が動き手にする人がいるような気がします。…まぁ主観なんですけどね。

昆虫のサイズが他の動物と同じくらいのサイズだった場合、昆虫は地上最強の生物になると言われたりしますが。まあその身体能力はさておいて、牛や豚と同じくらいのサイズになった場合、身が豊富にとれるようになるので牛とか豚と同じように加工するだろうから。昆虫食の抵抗も減り昆虫食の文化が進むのかもしれません。【昆虫食】栄養価が高く、美味しい!様々な味を楽しめる魅力的食材 

猫は外に出たがりますね

猫は好奇心旺盛でとにかく外に出たがります。その気持ちはわかるのですが、飼い主として飼っている猫を危険には晒したくはないものですよね。
にゃんがーどは猫専用脱走防止用のアイテムです。玄関、窓など猫が出入りしてほしくない場所に設置する組み立て式格子扉です。
オーダーメイドなので、ご自宅の寸法。それと、猫の一般的な身体能力を考慮して、設計し制作されます。そして、にゃんがーどは自分で猫脱走防止用の設備を用意できない方を意識して作られています。なので、ビスを数か所止めるだけで組み立てられるよう簡単に設計されています。手先が不器用な方も安心して組み立てることができます。
設置方法は、天井・床に突っ張ることで設置されます。従来の猫脱走防止扉は天井・壁・床などに穴をあけて設置されていたようですが、にゃんがーどはバネを使った突っ張り型なので、家屋に傷をつける心配がありません。頑丈で緩むこともなく、賃貸家屋でも安心して使うことができます。
扉は前からも後ろからも開けることができる仕組みになっていますが、注文時に要望をおっしゃってくださると、オプションパーツなどを使い片方のみ開閉できるなど、調整することができます。
材質はヒノキやヒバなど木材を使っており、インテリアとしても目を引きます。無垢材をしようしていますので舐めても問題はありません。
オーダーメイドなので注文を受けてから制作し発送します。一つ一つ作ってからの発想ですので、到着まで2~3か月になったりと、少々お待ちいただくことがあるかと思われます。
値段は39800円と高額ですが、猫脱走防止用扉は他であまり種類があるわけではなくあったとしても、かなり高額となっています。オプションパーツなどを付属すると金額は変わります。
にゃんがーど制作のきっかけはねこ工房代表の愛猫の脱走事件から、一般の方はほしいと思っていても自分で作ることができないようなので要望があり販売になったそうです。にゃんがーど